IPO準備支援、M&Aの労務デューデリジェンスはお任せください

社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズ

労務監査.com

【東京】 東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7F
【大阪】大阪市西区立売堀1-2-12   本町平成ビル3F
【福岡】福岡市中央区天神2-14-2   福岡証券ビル8F

東京
大阪
福岡

03-5405-2815
06-6535-8828
092ー781ー2131

IPO・M&Aの労務監査
お気軽にお問合せください!

サービス案内

労務監査 サービスのご案内

弊社では、主としてIPO準備支援とM&Aリスク要因分析の観点から、労働諸法令の適法性や将来的な労務リスクについて迅速かつ網羅的、低コストで提供する労務デューデリジェンスを提供しております。

一般的な社会保険労務士事務所では、対応されていない場合が多いようですが、弊社では、あらゆるカスタマイズ案件に対応可能となっております。

ぜひとも、いちどお声がけいただき、面談の機会を頂戴できればと存じます。

IPO上場申請に向けた労務監査

主幹事証券会社、監査法人
ベンチャーキャピタル等の専門家の皆様

IPO準備支援における労務監査の主眼は、未払残業にかかる簿外債務の発見と対策の提言です。上場申請時に労務にかかる簿外債務がない旨を申告するためには、直前々期に入る前に、未払残業発生の原因を特定して、適法に対策を実施することが求められます。

また上場企業として求められるコンプライアンスと労務管理のレベルを実現しなければなりません。弊法人では、経験豊富な社会保険労務士が、こうしたサービスを迅速かつ低コストで提供するノウハウがございます。

M&A支援 デューデリジェンス(労務監査)

ファイナンシャルアドバイザー
弁護士、公認会計士等の専門家の皆様

限られた時間的制約の中で、M&Aの成否に影響を与える簿外債務をチェックすることが労務デューデリジェンスの役割です。

FA(ファイナンシャルアドバイザー)をはじめ、弁護士による法務DD、公認会計士による財務DDが中心となりますが、そうしたプロフェッショナルと歩調を合わせて社会保険労務士が労働法令の観点から労務DDに入ります。

M&Aにおいては、労働法令のチェックも重要ですが、限られた時間と資料の中から、未払労働、退職給付債務、社会保険未加入、障害者雇用納付金等による簿外債務のスケールと確度を調査することが主眼になります。

顧問社労士等が長期的な視点から、労働環境の適法性について調査および意見を述べる「経営労務監査」と呼ばれる業務とは異なり、DDチームを構成する各専門家と連携しながら、ツボを押さえたレポートを迅速に提供するサービスです。

就業規則・労務管理のショートレビュー(簡易チェック)

労務管理体制の整備をご検討の経営者様
CFO、管理部門担当役員様

現時点で、IPOやM&Aなどの案件がないクライアント様であっても、労務デューデリジェンスのノウハウを活用して、現状の労務リスクの発見と労務管理体制のレベルチェックを行うことが可能です。

上場企業レベルをベンチマークとして、段階的に人事労務環境の整備を進めることもできます。従業員の未払残業代請求や労基署の臨検に戦々恐々とするレベルから脱して、優秀な人材を引きつける魅力ある人事労務管理体制をお考えの企業経営者様、または現状のリスクが把握できず、具体的な対策が見いだせずお困りの経営者様におすすめです。

個別案件ごとのカスタマイズ提案になりますので、まずはお気軽にお問合せください。

労務監査後の支援業務

検出された労務リスクに対する
具体的な対策もお任せください!

労務リスクを解消していくためには、まずは経営陣の意思決定が不可欠となります。

労務デューデリジェンスはそのための絶好のチャンスとなります。この機運を活かして、根本的な対策をスピーディーに推進していくために、ノウハウ豊富な社会保険労務士が、行政通達や他社事例を踏まえた、「実効的な対策」をご案内いたします。

簿外債務になりうる緊急性の高い論点に関しては、短期間で集中的なご支援をさせていただきますが、その後は定期的なミーティングを行いながら、無理のないスケジュール感で労務管理体制およびコンプライアンス対策を実施してまいります。

IPO準備支援、M&Aのデューデリジェンス(労務監査)の
お問合せはこちらから

お問合せ・ご相談は、お電話またはお問合せフォームにて受け付けております。
まだ案件化していない場合でも、まずはお気軽にご連絡ください。

 東京 03-5405-2815
 大阪 06-6635-8828
 福岡 092-781-2131

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)