IPO準備支援、M&Aの労務デューデリジェンスはお任せください

社会保険労務士法人ガルベラ・パートナーズ

労務監査.com

東京 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7F
大阪 〒550-0012 大阪市西区立売堀1-2-12   本町平成ビル3F
福岡 〒810-0001 福岡市中央区天神2-14-2   福岡証券ビル8F

東京
大阪
福岡

03-5405-2815
06-6535-8828
092ー781ー2131

IPO・M&Aの労務監査
お気軽にお問合せください!

よくあるご質問

労務監査に関する よくあるご質問

急ぎで対応は可能ですか?

お任せください。経験豊富な専門家がスピーディに着手します。

事前資料のご提供から、現地ヒアリング、報告書ドラフト提出(場合によってはエグゼクティブ・サマリーを提出)まで2~3週間程度で対応することも可能です。
取り急ぎ、就業規則等をPDFでお送りいただき、資料調査を先行させながら、並行してお打ち合わせやヒアリングの日程を詰めていくことも可能です。

まずは話だけでも聞いてみたいのですが?

まずはお気軽にご相談ベースで面談させてください。

労務監査は案件の性質上、直接のご相談でないとご説明が難しい点がございますし、信頼関係がなければ依頼しにくい案件です。
まずは情報交換からはじめさせていただき、案件の発生ごとに、またご相談いただければと思います。

労務監査の内容について教えてください。

案件の内容やクライアント様のご要望によりカスタマイズ可能ですが、必要な項目は網羅的に実施いたしますのでご安心ください。

貴社の就業規則や内規およびその運用実態を調査し、労働諸法令に関する適法性を判断した上で、労務リスクや簿外債務に関する分析およびレポートをお出しすることが基本となります。
あわせて、従業員数名からヒアリングを行い、書面調査だけでは見えない潜在的な労務リスクの調査も行うケースが一般的です。
外部の専門家が入ることで、客観的に意見を吸い上げることができますので、従業員不満足要因となっている要素を聞き出したり、経営側に把握されていない現場の問題を聞き出すことが可能です。
一般的なパッケージはご提案させていただきますが、ご要望に応じて、調査のスコープや費用については相談可能です

経営陣への報告会や事後対策についてはどうなるのですか?

報告会は基本パッケージに含まれますので、ご安心ください。

ただし、関係者が多数になることが多く、日程調整に時間を要する場合が一般的ですので、報告書については、報告会を待たず、速やかにドラフトで担当者様に提出させていただきます。
報告会では、関係者立会のもと、現時点でのリスクと今後必要とされる対策を中心に、専門家より具体的に報告させていただきます。

未払残業を解決するための方法は?

専門コンサルタントが、行政通達や他社事例に基づいた、現実的な提案をさせていただきますので、ご安心ください。

未払残業については、重要論点であるため、違法性や債務スケールの大小を問わず、考えられるあらゆる点から調査いたします。

未払残業は、多くの企業において共通の悩みであり、単純な解決法はありませんが、適法性を確保する上で、いくつかのポイントが存在します。

対策としては、就業規則や賃金規程、労働条件通知書の文言を適法な内容に修正していく作業が中心となりますが、社内の管理体制としても、「タイムカード打刻」「残業報告制度」「休日振替手続」など実務上の改善をお願いする部分が多くなります。

また従業員の皆様への説明会や個別同意の取り付けなど、多くの作業が必要となりますが、作業スケジュールやひな形のご提供などコンサルティングが可能です。監査報告書後の支援体制も万全ですので、ぜひご用命ください。

IPO準備支援、M&Aのデューデリジェンス(労務監査)の
お問合せはこちらから

お問合せ・ご相談は、お電話またはお問合せフォームにて受け付けております。
まだ案件化していない場合でも、まずはお気軽にご連絡ください。

 東京 03-5405-2815
 大阪 06-6635-8828
 福岡 092-781-2131

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)